ホームページ新しくなりました。

こちらでWordPressなどの情報を無料で公開中

http://akira01.com/

ホームページはこちら

情報を取りに行くことの大切さと難しさ

コロナウイルス
こちらでWordPressなどの情報を無料で公開中 →http://akira01.com/

コロナウイルスの影響でこれまでより
情報を取りに行くことが難しくなりましたね。
自粛中、家で過ごす時間が増えると思います。

SNSでは

「暇すぎて死にそう」
「なんもやることない」

など
あれほど会社に行きたくないと言ってた人たちが
いっせいに「暇」と口々に言ってます。

 

 

そして、やることがない=テレビ
という人もいまだにいるようですが
それが非常に危険という話をしていきます。

テレビの情報が正しいとは限りません

毎日のようにテレビのニュースを見ている人は危ないです。

 

マスコミや報道は真実を伝えません。
その理由は本当の事を知られると
都合が悪い人がいるから。

 

おいおい、急に

厨ニ病

みたいなこと言い出しやがって

ってなったかもしれませんがもうちょっとお付き合いください。

 

もっと言うと本当のことなんて
ごく一部しか知り得ません。

 

どういうことか?

新型コロナウイルスの正しい情報が

“本当に我々国民に正しく共有されてる”と思いますか?

 

ニュースは基本、我々を恐怖させるためにあります。

 

毎日新型コロナウイルスの感染者数を
意味もなく報道し続けます。

 

我々が本当に知りたいのは
新薬がいつできるのか?
具体的な援助策や対応策などです。

緊急事態宣言が発表されたとき
「テレワークに切り替えましょう」
とヒントだけ言われて放り出されました。

あの会見を見て「よしわかった」
とすぐ行動に移せる業種がいくつあるでしょう。

 

なぜあんな会見になるのか?
それはやり方を知らない人が
やり方を説明してるからです。

 

じゃあ、こんな説明をされたらどうでしょう?

「ZOOMというリモートワークに対応できるチャットシステムがあります。

Skypeのようにアカウントを作る必要もなく、URLを相手に送るだけで
自分のルームに招待できてそこでチャットできます。

もちろんLINEでもテレビ電話はできますが、

ZOOMはビデオチャットに特化しているのでサーバーへの普段も少なく

画質も良いしやりとりがスムーズです。

このZOOMを使って会社の会議をしたり、リモート飲みができるので
わざわざ自分からコロナウイルスにかかりにいくようなことは避けられて

不要な外出を控えることができます。
あなたという大切な存在を守ることができます。

あなたの大切な家族を守ることができます。

リモートワークにシフトすることで
あなたの将来の働き方が変わり
あなたの価値が変わって行きます。

そうなればあなたも発信者側に回る方法がわかるようになります。

このようにZOOMを使うことは
メリットしかありません。

ZOOMの新規アカウント作成についてはこちらのPDFにまとめてあるので
無料でダウンロードしてください。

またあなたの大切な人にもこの情報を
どんどん拡散してください。

新型コロナウイルスの最新の情報に着いてはこちらのLINE@にご登録いただくと無料で知ることができます。

一緒にコロナウイルスを乗り切りましょう」

 

的な会見ならどうですか?

もちろん先程お伝えしたようにこのLINE@に流れてくる情報が
全て真実とは限りません。

 

しかし、今の時流に乗ってる伝え方だし
実際に何をどうすればよいかわかりやすいですよね。

 

またZOOMの活用方法まで教えてくれていたら
導入する企業や家庭はもっと増えたはずです。

 

しかしこんなこと、誰も言いません。

新型コロナウイルスという脅威にもかかわらず、

メディアは真実を伝えようとしません。

正しい情報とは

一言でいうと
「自分にとって使える情報」です。

 

テレビは特性上、情報操作が入ります。
テレビのターゲットはシニア世代です。

テレビは何も考えずに楽しめるエンターテイメントになっています。

 

その結果、ネットの世界で日々変わりゆく情報に追いつけず知識格差が広がっています。

今の時代はインターネットに接続し、

自分が知っておくべき情報を取捨選択することで

自分にとって使える情報がようやく手に入ります。

 

しかし、情報が溢れすぎていて
自分にとって使える情報の選別が難しいのも事実です。

 

例えばビジネスやってる人なら

こんな基準があればよくないですか?

自分より稼いでそうな人や勉強してるっぽい人、為になりそうなこと言ってる人
自分で決めた基準を元に情報を自分で取りに行かないと
テレビからだけでは本当に知りたい情報を得るのが難しくなってきてます。

 

テレビは専門家の話だけでなく、CMや広告の関係で

テレビタレントを起用しなればなりません。

コロナウイルスの話題に限っては、タレントの意見などいりません。

 

というか、専門家の話だけが聞きたいはずです。

しかし、テレビは上述した通りシャクが決まってるので

専門家だけに話してもらうことができません。

 

おまけにテレビ局によって“どっち寄りの思想”とか

結局はスポンサーがより有利になる情報しか流さないので

こちらでWordPressなどの情報を無料で公開中 →http://akira01.com/

視聴者である我々一般人に本当の情報はなかなか降りてきません。

 

私はこうした理由から家からテレビを捨てました。

テレビを捨てた時、親からめちゃくちゃ心配されましたw

これからの情報の仕入れ方と生き抜くための戦略とは?

 

テレビを捨てたのが2015年あたりで
当時は友人にも
「テレビがないとどうやって生活するの?」
とか
「テレビがないと暇じゃない?」
などと言われたものです。

 

しかし世間の動きはネットニュースで見れるし、芸能人が離婚とか結婚とは
全く興味ないので、あとはYouTubeやブログ、メルマガなどから情報を得てました。

必要があれば何万円もする教材を買って勉強しました。

 

私より下の世代の若い子達はSNSで最新の情報を仕入れてます。

SNSはソーシャルメディアなのでテレビと違って

自分が知りたいことだけを選んで見れます。

 

昔はテレビや雑誌などからしか情報を得られませんでしたが

今はネットで自分に必要な情報を選んでみんな楽しんでます。

 

ここまでテレビを全否定みたいな流れでしたが

私は別にテレビが嫌いなワケではありませんし

面白い番組の方が多いと思います。

 

今日の記事で何が一番言いたいかというと

「自分にとって使える情報を取りに行かないと思考停止状態になってヤバいですよ」

ということです。

 

特にコロナウイルスの時代に突入して

これまでやってきたビジネスのやり方が通用しなくなります。

 

それなのに、これまでと同じようにテレビから情報を仕入れ

スマホでゲームをする・・・といった時間の使い方をしていると

マジでヤバいです。

 

自粛中で家に強制的に引きこもってる今こそ

自分にとって使える情報を取りに行くチャンスです。

 

そして、これからはいやでもオンラインを絡めた

ビジネスモデルにシフトしないと生き残れません。

 

その為には日頃から今の流行りに敏感になる癖をつけて

情報を受け取るだけではなく、情報を発信する側に回る必要があります。

 

SNSでフォロワーが1万人もいるような高校生が結構います。

1万人のファンがいる状態で、何かビジネスを始めるとどうなるでしょうか?

 

リクルートスーツに身を包み、意味のわからない面接対策などしなくても

この高校生を欲しい企業はたくさんいるはずです。

 

しかし、この高校生も日頃の情報発信を続けた結果

ファンが応援してくれてます。

そして、こういう子は就職するより自分で起業した方が稼げます。

今の若いもんは

というセリフを言いたくなるのは私も昭和生まれなのでわかりますが

それを言ってる間に、若い子にどんどん差をつけられてることも事実です。

 

そして、若いからと言って未熟とか

歳をとってるから立派とか、そういうのもう古いです。

 

資本主義社会なので、やっぱりお金持ってる人が一番強いですし

お金ないと立場が弱くなります。

 

私の周りでは、若い子に50代のおじさんが

ネットマーケティングをお金を払って習ってる

という事例がいくつもあります。

 

意地やプライドを捨て、自分の知らないことを

素直に吸収してる大人は成長が早いです。

 

素直になれずテレビばっか見て、昭和な感覚で令和を生きてると

国に文句を言って、お金がないことを会社のせいにし

上司に愛想笑いをしながら定年までいかに仕事をしないか

 

という最強につまらない人生になってしまいます。

今回のコロナウイルスで自分を見つめ直す機会が増えましたね。

 

今後の人生をより有意義なものにする為に

おうち時間を使って、自分に必要な情報をゲットして

少しずつでも影響力を持てるように情報発信を練習しておきましょうね。

 

最後までありがとうございました^^

PS

10分くらいの動画撮りました↓

情報を取りに行くことの大切さと難しさ
こちらでWordPressなどの情報を無料で公開中 →http://akira01.com/
タイトルとURLをコピーしました